宮崎の子供•子育て支援 新 制度 情報!

働く保護者のニーズに応える 新制度 の

選択肢が増えました!

新制度における子供を預ける保育施設には

  • 許可保育所
  • 認定こども園
  • 幼稚園
  • 地域型保育事業

があります。 親の「支給認定」によって利用出来る施設や、利用に伴う

保育料が変わります。

親の「支給認定」

1号認定

満3歳以上•教育標準認定

「利用先」 幼稚園•認定こども園

02

子供が「満3歳以上で、幼児教育を希望する。

※施設に酔って延長保育や一時預かり利用は可能

 

2号認定

満3歳以上•保育認定

「利用先」 認可保育所•認定こども園

短時間利用(パートタイムの場合)

標準時間利用(フルタイムの場合)

03

子供が「満3歳以上で、親の就労などの理由で「保育の必要性」に該当する子供が対象

親の就労状況によって利用時間が異なる。

3号認定

満3歳未満(0〜2歳)•保育認定

「利用先」 認可保育所•認定こども園地域型保育事業

短時間利用(パートタイムの場合)

標準時間利用(フルタイムの場合)

04

0歳〜2歳で、親の就労などの理由で「保育の必要性」に該当するこどもが対象。

親の就労状況によって利用できる保育時間が異なる。

利用の手引き

1号認定
(幼稚園または認定こども園) 利用の手続き

利用を希望する園に直接申
し込み、入園の内定を受け
たら、園を通して市町村に利
用のための認定申請を行い
ます。

園を通じて市町村からの認定証が交付されたら
利用の契約を。

保育の必要性の認定が必要 な 2号・3号 認定
(保育所・認定こども園・地域型保育事業)
利用の手続き

1.市町村に「保育の必要性」の認定を申請(書類に親の就労状況などを記入)と

施設の利用希望申込を出す(希望する施設名を記入)

2.申請者の希望や保育施設の状況を踏まえ市町村が利用調整

3.市町村から認定証が交付され、利用先が決定すると契約へ


2号・3号保育料の流れ

保護者の市町村民税に応じて市町村が決定
※認可保育所や認定こども園、地域型保育事業など利用する施設が
異なっても保護者負担は同じ ※1号の場合は異なります05

『出典:きゅんと』

まとめ

認定こども園が増えた事で、働くお母さんには選択肢が増えて、お子さんを預けやすくなりましたね。

延長保育などが増えた園も多くなってきました。

働く、お母さん。体には無理せず頑張ってくださいね。

『スポンサーリンク』