EXILEの九州発プロジェクトが千秋楽宮崎出身の黒木啓司、長崎出身のTAKAHIROらが盛り上げる

宮崎出身の黒木啓司、長崎出身のTAKAHIROらが盛り上げる

TAKAHIROは「僕の人生を変えた曲」としてEXILEの「Together」を熱唱!!

EXILE / EXILE THE SECONDのパフォーマー黒木啓司がプロデュースする

九州発のオリジナル・エンタテインメント・プロジェクト「THE NINE WORLDS」

の旗揚げ公演「九楽舞 博多座」(ヨミ:クラブ・ハカタザ)が2日、福岡・博多座で千秋楽を迎えました。

。歴史ある演劇専用劇場「博多座」(福岡県福岡市)を会場に、3月31日(金)、4月1日(土)、4月2日(日)の3日間で全5公演を実施し7,500人を動員。公演には黒木と同じ九州出身のEXILEのTAKAHIROのほか、EXILE THE SECONDやTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEらがパフォーマンスを披露した。

 

終演後、「二代目J Soul Brothers時代から数えて10年間の活動の集大成がひとつの形になって僕も嬉しいですし、THE NINE WORLDSだからできるエンタテイメントをもっと追究して、九州をもっと盛り上げていきたい」と、本公演を振り返った黒木。本公演では、TAKAHIROやNESMITHといったアーティストだけでなく、サポートダンサーとして参加した九州のダンスチーム「九州男児新鮮組」をブッキング。また「九州パンケーキ」や「秀ちゃんラーメン」といった、地元福岡の飲食店とコラボレーションし、7店舗の飲食ブースも展開した。黒木の飽くなき挑戦はまだ始まったばかりだ。更なるプロジェクトに期待したいです。

『出典ザテレビジョン:

『スポンサーリンク』