安心してくださいもう、雨の日も傘はいりませんよ!宮崎ブーゲンビリア空港

宮崎のブーゲンビリア空港で、今春から改修工事が進んでいます。

宮崎空港ビルによると、国際線専用の搭乗口を新設。国内線は小型機の

乗降時にいったん駐機場に降りて徒歩で移動する不便を解消するため

小型機対応の旅客搭乗橋を国内で初めて導入する。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを契機とした

国際線利用者の増加に対応することが目的。工期は19年3月までの2年間。

ターミナルビルの延べ床面積は約690平方メートル増えて約3万400平方メートルになる。

総工費約20億円

国際線はターミナルビル東側の通路を延ばし、既存の5番スポットに旅客搭乗橋を設けて国際線専用とする。

現在は6番スポットを国内線との共用で使っているが、改修後は2カ所で国際線を受け入れる態勢になる。

国際線の受け入れ能力は週8便で年間10万人から週13便で年間16万人に増強。

また国際線専用の出発検査場も新設する。国内線の保安検査と国際線の液体物検査を別々に受ける

「二重検査」が解消されるという。

雨天時の宮崎空港での乗降。小型機対応の旅客搭乗橋導入で傘はいらなくなる=宮崎空港ビル提供

オリンピック選手傘で迎えたらいかんでしょ!どんだけローカルなの!?

 

『出典:朝日新聞』

 

『スポンサーリンク』