宮崎の雑炊屋さん『お通』が六本木と歌舞伎町で大繁盛している!

お通

六本木店は17時から翌朝9時までの営業歌舞伎町店では24時間営業を行なっています。

2店舗とも、飲み会帰りやクラブ帰りに立ち寄ってくださるお客さんが多いですね。

私自身、酒のシメとして雑炊を広めたいと思っているので、現状は嬉しい限りです」

静かに熱く語るのは、その雑炊専門店「お通」のオーナー・福原優一さん。

実は創業56年目を迎えた老舗の雑炊屋なのだとか。

「ウチは元々、ひとりの女性が宮崎の繁華街で切り盛りする『バーお通』

という小料理屋で、店のママが酒のシメに出す雑炊が評判だったんです。

当時、私はそこでアルバイトをしていたのですが、そのきっかけも雑炊の優しい味に惚れたことでしたね」

惚れ込んで働き続けるほどの雑炊とは! では、福原さんはアルバイトから店のオーナーに

「働き始めて4年目くらいでしょうか、店のママが亡くなってしまったんです。

『もしあなたが店を継いだら、私の故郷の鹿児島にお店を出してほしい』

『福岡の雑炊の名店“山”と勝負をしてほしい』

と夢を託されていましたから、私が店を継いで、その鹿児島と福岡にも出店してきたんです。

単身赴任でキツい思いをしながら、なんとかママの夢を果たすことができました」

そんな、いい話が…! そうして九州各地で“雑炊の名店”としての地位を確立、

2010年夏には東京・日本橋に進出。ただ、九州とは違い、当初はうまくいかなかったそうだ。

「初めに出店した日本橋でも、行列ができたり、常連のOLさんがいたりと、“昼間は人気がある店”

にすることはできました。ただ、やはり日本橋はオフィス街で、夜や週末は全くお客が来ないんですね(笑)。

その後、西麻布に移転してみたんですが、土地柄なのか、固定客は来てくれても

“いろんな人に雑炊を食べてもらえる店”とは言えませんでした」

西麻布ってオシャレなイメージだから、敷居が高く感じる人も多いのかも?

「そこで『昼夜を問わず、いろんな人が来る場所へ』と思い、2013年に歌舞伎町へ再移転したんです。

実際、客層はだいぶ違いました。飲み会帰りの一般の方だけでなく、仕事終わりのホストの兄ちゃん

やキャバクラのお姉ちゃんも“1日のシメ”に来てくれるんですよ。

中洲でもそうだったんですが、やはり繁華街に店を構えるというのは大きいようで

売上としても先の2店舗とは天と地の差でした」

そして2015年には、繁華街・六本木に新店をオープン。

こちらの売上も好調で、東京での営業は右肩上がりなのだとか。

「お通」の雑炊の魅力

「なんといっても“ダシ”が魅力です。かつおの名産で知られる鹿児島県枕崎のかつお節や

国産のシイタケ、北海道産の昆布などで作る風味は、お客さんから『ホッとする』

『癒し系の味』なんて言われますね(笑)。

あと、お米以外に食感の良い“押し麦”を混ぜることで、普通の雑炊より消化しやすいものになっています。

ラーメンでシメるより、二日酔いも防げると思いますよ」

こだわりのダシと、より消化しやすくなる麦入りのご飯。確かに優しく1日を終えられそう!

「他には、そのダシをベースにした“クリームソース雑炊”や“カレー雑炊”もオススメです。

チーズや大根おろし、ウニなどのトッピングも28種類あるので、どんな人でもお好みの雑炊を

楽しんでいただけると思いますよ」

 

取材を終え、六本木の街でひとり飲み終えた明朝4時、あらためて「お通」へ。だいぶ酔っ払って、足元もおぼつかなくなってきてますが…ヒック!

ハデなお客が多い店内で席につき、先ほど福原さんに教えてもらった“特に酒のシメにピッタリな雑炊”を注文! 福原さんの解説と、記者の感想を合わせて紹介しよう。●とりニラ雑炊(とり雑炊+「ニラ」トッピング)…1,440円

「かつお節の効いたダシと、宮崎県産の鶏肉が絶妙に合うんです。ラーメンのような表現になってしまいますが、魚介系と動物系の“Wスープ”のような感覚が味わえると思います。“酒のシメ”としても、一番出る人気メニューですね」(福原さん)

鍋のフタを開けた瞬間、かつお節と卵の懐かしい香りに安心! 鶏肉も柔らかくて消化によさそうで、何よりご飯が見えなくなるくらいに盛り付けられたニラのシャキシャキとした食感がたまらない! 飲み会帰りの深夜に開いてるラーメン屋って、味の濃いスープがほとんどだけど、深夜にこの味が食べられるのは嬉しい!

『出典:週プレNews

宮崎の最高にうまい!雑炊屋さんお通が東京にも進出していたなんてびっくり!

ほんとにおいしいので、みなさんたべてみてくださ〜い。

お通関連記事:宮崎で雑炊(ぞうすい)専門店は昔からおいしいよ!

 

『スポンサーリンク』