宮崎県警が注意喚起 !!ランサムウェアによるサイバー攻撃の恐れ!

注意!

「ランサムウェア」

宮崎県警サイバー犯罪対策課は15日、国際的なサイバー攻撃事件が

続発している不正プログラム「ランサムウェア」による被害を受けないよう

注意を喚起しました。

不正プログラムに感染すると、パソコンのシステム障害などが発生。

保存データなどが暗号化されたり、画面がロックされたりする。

金銭を要求されることもあるという。

被害に遭わないために

OS及び利用ソフトウェアを最新の状態にする。

セキュリティソフトを導入し、定義ファイル等を最新の状態にする。

不審なメールは開かない、などを呼びかけています。

みなさん気をつけて!

『出典: 西日本新聞』

『スポンサーリンク』