宮崎の古墳を世界遺産へ!

「宮崎県の古墳文化に関する勉強会」

県内古墳群の世界文化遺産登録を目指す!

18日、宮崎県庁で会合を開きました。

県と西都、宮崎市、新富町に加えて、本年度から高鍋町も参加。

担当者16人が、同遺産登録機運を高めるため古墳を題材にした

イベントや広報活動を展開することなど、活動方針を決定しました。

宮崎の生目や小松、大塚にはそれこそ、スーパーの横に古墳があったり

と大変身近に町中にありますね。世界遺産になったらいいですね!

『出典:宮崎日日新聞』