神様降臨!坂本龍馬がすごいことをした宮崎の絶景スポットはここだ!

宮崎の絶景スポット

こんにちは、ゆり菜です。

天孫降臨の地 宮崎は、いくつもの神話が残されています。その神話と、誰もぞが知る、歴史上のあのすごい人物との史実が残されてる、ほんとにすごい絶景スポットが、天逆鋒(あまのさかほこ)です。

天逆鋒(あまのさかほこ)

天逆鉾(あまのさかほこ)とは、宮崎県の高千穂峰(たかちほのみね)山頂部に突き立てられている鉾(さかほこ)の事です。

天逆鋒(あまのさかほこ)

天逆鋒は日本神話に登場する矛で、漂っていた大地を完成させる使命を授かったイザナギとイザナミの夫婦神が天沼矛を渾沌とした大地に突き立てかき回し、矛を引き抜くと、切っ先から滴った雫が垂れ、それが大地を形成したと言われています。

今でも、高千穂峰(たかちほのみね)山頂部に突き刺さ去っている天逆鉾(あまのさかほこ)その昔、なんとこの天逆鋒を引き抜いた、誰もが知っている歴史上の大人物がいました。それは 知る人ぞ知る、かの有名な

坂本龍馬

なんです。

坂本龍馬は、日本人で初めて、新婚旅行をした人物と言われています。

『出典:霧島国際ホテル

 

1866年、寺田屋事件で傷を負った坂本龍馬は、その治療を兼ね、霧島温泉に保養の目的で、最愛の妻のお龍さんと宮崎の霧島を訪れた際に、高千穂峰を登ったことが、史実で残されています。

そのときに、坂本龍馬が、この鉾(さかほこ)を引き抜いたとされています。

何という強力(ごうりき)の持ち主だったのか!この山を登ってきてそんな力があったなんて、傷も霧島温泉で、だいぶ癒えていたのでしょうか?そして、また同じ場所につき刺したのでしょうか?

登ってくる太陽を背にしたこの写真は、なんとも尊いものを感じさせる雰囲気ですね。

詳細情報

『スポンサーリンク』