宮崎名物の『ワシントニアパーム』840本植え替え開始!60年かかります。

みやざきの象徴 ワシントニアパームの植え替え作業始まる!

こんにちはゆり菜です。

南国宮崎を象徴するワシントニアパームの植え替えが29日夜、宮崎市の国道10号(一の鳥居交差点-江平五差路、400メートル)から始まりました。

初日は、最も北にある1本目(高さ約12メートル)を伐採せず記念樹として移植する作業が行われました。

午後9時すぎに上下計3車線を規制して工事が始まると、造園会社の作業員が油圧ショベルなどを用いて根の周りを約80センチの深さまで掘削。工事開始から約5時間後、中央分離帯の地中に固く根を張っていた木をクレーンでつり上げ、トレーラーで移植先の堀切峠近くの国道220号沿いに運びました。

60年もの歳月をかけて約840本を植え替えるそうです。

ワシントニアパームがみやざきに植えられた理由

「宮崎観光の父」と言われる宮崎交通創業者の故・岩切章太郎氏が市内に植えたのが始まりです。

1967年ごろ、当時の建設省が4~5メートルの木を市中心部から植え始めた。穏やかな気候も相まって南国ムードを演出し、「新婚旅行ブーム」にも一役買いました。

植え替えが決まった理由

最大で20メートルを超えるという「高さ」に成長したからです。成長するにつれ、枯れ枝を切り落とす維持費がかさむようになりました。

枝が落下し、通行車両のフロントガラスが割れるなどの事故も相次ぎました。

そこで、管理する国土交通省宮崎河川国道事務所は、4メートルほどの若い木への植え替えを決断したそうです。

景観を損ねないように7区間に分けて、年間14本のペースでゆっくり更新していくそうです。

1本目だけは記念樹として市内に移植します。

約100年と想定されるワシントニアパームの寿命を確認するための移植だそうです。

2本目以降は伐採し、丸太を高架下で保管。これから活用方法を検討し、希望者に無料で配布することも考えているということです。

『出典:宮崎日日新聞

『出典:朝日新聞デジタル

まとめ

南国みやざきらしい、ワシント二アパーム!60年くらいかかって、4,5メートル が→ 20メートルに。。。

それを、今度は60年かけて植え替えなんて壮大なプロジェクトですね。!60年後にはまた、20メートルになり植え替え!?。。 宮崎らしさを残して欲しい思いはたくさんありますが、この費用は私たちの税金からなんですよね。。

ワシントにアパーム植え替え代金納税。。宮崎市民として考え深いものがあります。

『スポンサーリンク』