宮崎県産杉使用【東京オリンピック新国立競技場】

2020年東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場は一部、宮崎県産杉が使われています。

 

東京オリンピック 新国立競技場

この辺りが宮崎の杉!!

屋根のガラスのルーバーの辺りですね。


隈研吾氏

新国立競技場の設計・デザインを手掛けた建築家隈研吾氏(62)が宮崎日日新聞のインタビューに対し、「宮崎県産材は国内でも代表的なスギでクオリティーが高い。」と答え、宮崎県を新競技場に多用される木材の有望な調達先に挙げました。

歴史に残る聖地宮崎県産材を介して刻まれるだけでなく、首都圏での宮崎県産材利用を拡大するシンボルになりそうです。

『出典:宮崎日日新聞

『出典:キーマンが語るトウキョウ地図

『出典:ひるおび

『スポンサーリンク』