宮崎のオーシャンドームが消えた!【シーガイア】

1993年7月30日にオープンした、シーガイアのオーシャンドームが消えてしまいました!

こんにちは!宮崎に住んでいて、当時1度だけオーシャンドームに行った事がある、ゆり菜(@hontonomiyazaki)です。

宮崎と言えば、シーガイアと言われるほど昔は有名でした。そのシーガイアリゾートの一つオーシャンドームが、跡形も無く消えてしまいました!
マジックではありません。本当に消えたのです。

★この記事はこんな方におすすめ
オーシャンドームの歴史を知りたい人
今どうなっているか?知りたい人
この記事によって分かること
オーシャンドームの歴史や豆知識がわかる
2020年9月現在オーシャンドーム跡地がどうなっているのか?がわかる

オーシャンドーム


オーシャンドームは、全天候型の開閉式の屋根を持つプールでした。シーガイアリゾートのランドマーク的存在で、奥行き300m、幅100mで、高さは38m
世界最大の室内ウォーターパーク」としてギネスブックに登録されました。

中国の大理石を砕いてつくった長さ140mの人工ビーチや造波プールがあり、その波でサーフィンが出来るというすごいものでした。
しかし、オープン時にシーガイアスタッフが溺れてしまい、深い奥の方へは行けなかった記憶があります。

 解体されたオーシャンドーム 

2007年に閉鎖された、2017年昨年8月には解体工事が始まりました。

↑ニブラーと言う建設重機で噛まれて解体されています。 かわいそう!

↑華々しいかった時代もなすすべも無く

 現在のオーシャンドーム 

ご覧のように跡形もなく更地になってしまいました。

↑オーシャンドーム跡地をフローランテ宮崎側から撮影

敷地の近くから見てみると。。

10万本の松の木が伐採されたのだ!と一目でわかります。
ここだけ、松の木がごっそり伐採されてます。

↑ここが、あのオーシャンドーム!?

↑こんな感じだった!予想図を合成してみました。

 今の敷地全体のパノラマ写真 

オーシャンドーム跡地1

↑目線でのオーシャンドーム跡パノラマ写真

オーシャンドーム跡地2

↑上からみたオーシャンドーム跡パノラマ写真

シェラトンホテル(旧ホテルオーシャンフォーティーファイブ)がきれいに見えます。

宮崎シェラトンホテル

↑現シェラトンホテル(キャンプの時は福岡ソフトバンクホークスの選手が泊まります。)


 オーシャンドーム豆知識 

 オーシャンドームっていくらかかったの?  

オーシャンドームの総工費は約420億円
可動式の屋根やサーフィンもできる造波システムは世界的な評価も高く、このシステムには三菱重工機械システムが担当しています。
屋根を開閉する1回当たりの電気代も相当高価だったと言うことです。

 再利用案の検討 

東国原氏が宮崎県知事になったとき、再利用案をいくつか検討しましたが、良い利用案が出されず実現されませんでした。

 オーシャンドームが解体された経緯! 

佐藤棟良氏率いるフェニックスリゾートが経営不振に陥いり、経営破綻。

2001年にはアメリカのリップルウッド社に買収されてしまいます。その後はオーシャンドームを期間限定で運営するなどされましたが、入場客は回復せず、2007年9月30日に閉鎖されました。

2012年にはセガサミーホールディングスにより買収。

2014年に解体の方針が決定し、

2017年8月に解体工事が開始され現在は更地になってしまいました。

 オーシャンドームが流行らなかった訳!

 オープン時期が悪かった。

オーシャンドームは、バブル経済が崩壊したあとにオープンしました。 一つの要因だと思います。

 入場料が高かった。

1993年当時、大人 4,200円中人(中高生)3,100円子供(4歳-小学生)2,000円の入場料は、当時すごく高く感じました。

東京ディズニーランドの入場料が当時4,800円でした。

宮崎県民割引きや半年パスなどありましたが、それでも高かった!

 交通の便が悪かった。

交通の便の悪さも一因ではないでしょうか? 料金の安いソラシドエアーなどの航空会社もありませんでした。

 スティング怒る!

こけら落とLiveを行った歌手のスティングは環境保護、特に森林伐採などに反対しており、このリゾート施設の建設にあたり、保安林を伐採されて建てられたことを知らずに公演をおこないました。

その後、来日時に受けた共同記者会見の席上で、『宮崎シーガイアが地域の自然を破壊し問題視されている」という主旨の質問を記者より受け、急遽、CMを降板するに至ったと言うことです。

 今後どうなるこの跡地? 

2015年に宮崎県と宮崎市は2020年の東京五輪を見据え、解体が決まっているオーシャンドーム跡地に「屋外型ナショナルトレーニングセンター(NTC)」の誘致を目指すと発表しました。

屋外型ナショナルトレーニングセンター出典:フェニックスリゾート

あれから、現在 2020年オリンピックイヤー。(新型コロナウイルスで2021年開催となりました) 年号も平成から令和になってしまいました。オリンピックを目前に迎えても、未だ何もなされていません。。

 まとめ 

この、オーシャンドームには、宮崎県民の税金も多額投入されています。まさに水の泡となってしまいました。。

宮崎県民から見たら、『なんですぐ近くにすばらしい波の自然の海があるのに、わざわざ人工の波の出るプールを作るんだろう?』と疑問視していました。

更地になった現状を見ると、残して欲しかったと思う反面。利用されなかったら、どんどん老朽化していくのは、見ていてつらかったです。
はやく、何かで再利用して欲しかった。。 

ゆり菜
宮崎市戸敷市長の打ち出しているアリーナ構想もオーシャンドームと同じにならなければよいですが。

今なら間に合います。

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • 以前宮崎に住んでいました。
    他の方と同様に私も、美しい海があるのになぜ人口の海の施設を作るのか初めから疑問があったし、大丈夫なのだろうかという気持ちもありました。

    残念ながら私の危惧していた通りになってしまいました。
    宮崎県は、特に目立った産業もなく、所得水準も全国比で高い方ではありません。
    何らかの形で県を盛り上げていこうという気持ちだったのだと思います。

    • こんにちは!
      ご覧頂きありがとうございます。
      いま、また宮崎駅の後ろにアリーナ建設の構想が出ています。
      今更ですが、オーシャンドームをアリーナには出来なかったのだろうか?なんて思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です