宮崎の塚田農場が神宮球場に出店!球場メシのイメージ変えるか?

塚田農場が球場出店

野球観戦のお供といえば、ビールとおつまみですが。。。

irorioさんの情報によると東京ヤクルトスワローズの本拠地・明治神宮野球場(東京都港区)に

スタンド店を開くということです。

塚田農場といえば、宮崎から全国展開しているおいしい居酒屋さん。

 

明治神宮野球場の正面口

 

ダクト新設し炭火焼き実現

野球場で実際に炭で調理するメニューの提供は業界初の試みだ。そうです。

看板メニューのチキン南蛮は、居酒屋の塚田農場の品とまったく同じレシピ。

タルタルソースも店内で仕込んでいる。

3月15日にオープンした塚田農場スタンド店

塚田農場プラスの森尾太一社長が狙いを語る。

球場用の限定メニューも

スタンド店で出す食べ物10種、飲料4種の中には立地を意識した限定メニューも用意した。

軽くお腹を満たしたいという需要を見据え、居酒屋ではあまり出さないという、

いわゆる“ご飯もの”の「鶏(とり)炭火焼丼」を開発。

定番のフライドポテトは、自社養鶏場がある宮崎県の地元企業がつくるスパイス

マキシマム」味、サワーには同県産の日向夏味をそろえ、「宮崎らしさ

(森尾社長)で他店との差別化を図る。

今後は観戦チケットの半券により、渋谷駅周辺など近隣の塚田農場で特典を受けられる

といったサービスも球団側と交渉を進めているそうです。

『出典:irorio

『スポンサーリンク』