【今からなら間に合う!】夏太りの3つの原因と解決する方法!

今年の夏は暑かったですね〜。。宮崎もやっと、涼しくなってきて、朝晩は、ちょっと寒いくらいになってきましたね。 昼間はまだ暑いですが。。。

暑い夏が終わった今、気がついたら、夏太りな人が多いようですが、あなたは大丈夫ですか?

宮崎の今年の夏は暑かったー!

ついつい食べて、飲んでしまって、太ってしまったと言う方はこちらをご覧ください。

夏太りの原因と、太ってしまった、その対処方法を教えます。(宮崎以外でも使えます)

夏太りする人は夏やせする人の3倍

夏に太ったという人は、夏に痩せたという人の実に3倍の結果が出ています。

夏の体重の変化

そして、夏に太った体重が、秋になっても戻らないという驚愕のデータが!!

夏太りの原因1

冷たいものをたくさん取ってしまった→内臓の温度が下がる→消化酵素が働かなくなる→代謝が悪くなる

一度に水分を取り過ぎる→胃液が薄まる→代謝不良を起こす

結果。。

冷え・むくみの原因となり、これが、体重増加につながったと考えられます。


夏太りの原因2

食欲減退による偏食。

夏は暑くて、ついつい、冷たい麺類や、冷や奴など、単品低カロリーなもので、食事を済ませがちだった。。

結果。。

単品低カロリーの食事→体の中で燃焼しない→消化酵素が休眠→代謝が悪くなる。


夏太りの原因3

運動不足と冷房

夏に、一日中冷房の中で過ごしていた→汗を出し切れない→体に水分と熱がこもる→内臓の代謝が落ちる→体重増加につながった。

夏太りを解決する方法

ウォーキングやストレッチ、ラジオ体操などの運動を、日々の生活に少しずつを取り入れるといいでしょう。

バス通勤の方は、一つ前のバス停で降りる。

電車の方は一駅前の駅から歩くなど。。ちょっとした工夫から、少しずつの運動を取り入れていきましょう。

運動のポイント

肩甲骨周りを意識して動かすと脂肪が燃焼しやすくなります。

体に水分をため込んだまま秋冬を向かえると、自律神経にも影響を及ぼします。

夏太りを単なる体重増加と甘く見てはいけません!

涼しくなった今こそ、夏の日々の生活を見直すことが大事です。

『参考:UMKスーパーニュースReライフ』

まとめ

ほんとの宮崎のゆり菜です。

夏から太って、秋冬まで。。なんて嫌ですね〜私も人のことは言えません。。

夏の体重増加は今のうちに落としておきたいですね。このまま、秋から冬になり寒くなると、ますます代謝が悪くなるだけではなく今度は、寒くて、運動するのも嫌になります。

今の、ちょっと涼しく、動けば汗を掻く程度のこの時期に、是非、運動を取り入れてくださいね。

そして、秋は、食べ物が美味しい季節になってきます。このまま、秋に突入しないようにしましょう。

『スポンサーリンク』