日向夏ドリンクVS日向夏ドリンク宮崎で飲みくらべてみました!どちらがおいしいの!?

サンA日向夏10

サンAから発売されている日向夏ドリンクドリンクが2種類あることをご存じですか?

大きいやつと小さいやつ 何が違うの!?

こんにちは!宮崎の日向夏が大好きなゆり菜@hontonomiyazaki)です。

サンA日向夏ドリンク

宮崎県日向夏が使用されています。

サンA日向夏3

↑宮崎!

サンA日向夏2

↑宮崎県産日向夏使用!

 サンA日向夏 果汁20% 大きい方 

特徴:2種類の日向夏果汁がブレンドされています。

サンA日向夏11

↑日向夏果汁20%パッケージ

日向夏を20%使用し酸味と甘みが味わえる一品です。
着色料・保存料は使われていないので、お子様に安心ですね。

グラスに出してみました。

この商品、紙パックからストローから直接 飲むので、中々グラスに注ぐ方機会はないですね。。

すんだ日向夏の色をしています。

サンA日向夏6

↑グラスに注いでいました

グレープフルーツの色に似ていますね。

どちらかというと白っぽいです。

サンA日向夏7

↑白っぽい透明感のある色

 サンA日向夏 果汁100% 小さい方 

なんと言っても、果汁100%が魅力的!

サンA日向夏10

↑日向夏果汁100%パッケージ

日向夏をそのまま搾り何も加えることなくパックされたジュースです。
日向夏そのものの爽やかな風味が特徴です。

グラスに出してみました。

こちらもグラスに出してみました。

驚き!

なんと言うことでしょう!

これが!日向夏本来の色でした!

サンA日向夏8

↑グラスに注いでみました。

濃い〜!という色ですね。

サンA日向夏9

↑濃厚さが感じられる黄色です。

 まとめ 両者を飲みくらべてみて 

味の感想

同じサンA社製。 同じ日向夏ドリンクなのに、味が全然違います。
果汁20%のさらりとした飲みやすさに対して、100%の濃厚さ。
日向夏本来の味は、やはり100%のほうがおいしいです。

価格と量

果汁100%のほうは、量は125㎖と少ないのに価格は高いです。
日向夏本来の味を貴重に味わう贅沢な飲み物です。

果樹20%のほうは、量は200㎖で価格は安いです。
日向夏を手軽にたっぷり味わいたい場合はこちらが良いでしょう!

2つを飲みくらべてみて、一度100%を飲んでしまうと、20%が物足りなく感じます。
私は100%が好みですが、125㎖の量は、すぐ飲みきってしまいます。

そもそも日向夏とはなんぞよ?
日向夏とは、内皮の白い部分と一緒に食べることにより、甘味と酸味を味わえる果実です。


サンA 日向夏ドリンク 200ml×24本

 

嵐の相葉君も嵐にしやがれで日向夏を絶賛!

↑リンゴみたいに皮をむくことに驚いている相葉君

↑器用に皮をむく相葉君

↑おいしい!

出典:嵐にしやがれ

嵐にしやがれは宮崎では夜中に放送されているので、ぜひ、皆さんに観て欲しい!と相葉君

『スポンサーリンク』