✔︎ お問い合わせはこちら

アルコール消毒液は濃度70%くらいが最強説!

エタノールの濃度は70%1




スポンサーリンク

新型コロナウイルス対策でマスクと手洗い、消毒が重要なことは、みなさんよくご存じだと思います。

今日は、アルコール消毒液のエタノールの濃度についてと、その使い方についてのお話です。

こんにちは!ゆり菜@hontonomiyazaki)です。

アルコール消毒液はその濃度が違うと、使っていても全く効果が違ってきます!

この記事の目次(クリックでジャンプ)

アルコール消毒液の濃度

エタノールの濃度による違い

消毒用アルコール→エタノール

エタノール濃度30%の場合

エタノール30%

×30%では濃度が少なくて効果が少ない!

 

エタノール濃度70%の場合

70%では濃度が丁度よく効果あり!

 

エタノール濃度100%の場合

×濃度100%では揮発してしまい効果が少ない!

結果!

エタノールの濃度70%くらいが実は最強!

厚生労働省ホームページでも消毒用アルコール70%が新型コロナウイルスに有効と発表されています!

アルコール消毒液を購入される際はエタノールの濃度70%~80%のものを選びましょう!

ゆり菜
でも、パッケージにアルコール濃度が書いてないものが多いのよ。。

それでは、正しい消毒の仕方を見てみましょう!

 正しい消毒の仕方 

1.グーで押す

何がついているかわからないので極力触ってはいけない!!

2.下までしっかり押す

よく、半分くらいプッシュしただけの人多いですが、下までしっかり押し込んで出てきた量が適量です。

↑1回の適量は下まで押し切った量です。

3. 15秒もみ洗いする

15秒はウィルスを分解できる目安の時間です。全体に行き渡るように!

 まとめ 

新型コロナウイルスはだいぶ収まってきましたが、手洗いやアルコール消毒はまだまだ行った方が良いでしょう!

インフルエンザ対策にもなるアルコール消毒液。

適正なエタノール濃度のアルコール消毒液と、適正な消毒方法を行いましょう!

ゆり菜
手が濡れた状態でのアルコール消毒液は効きませんのであしからず



スポンサーリンク

シェアしてくれるとうれしいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です