【注意】九州地方明日にかけて大雨の恐れ!

九州地方は、今日29日夕方頃から明日、30日にかけて、大雨となるおそれがあるということを気象庁が発表致しました。

九州地方大雨の恐れ

気象庁によりますと、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、九州では大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

雷を伴った、非常に激しい雨、局地的に激しい雨、大雨となるおそれがあるそうです。

 注意 


昨日までの大雨で地盤が緩んでいるところがあるとして、気象台は土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

 

 予想降水量 

1時間に降る雨の量(予想)

福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県

50ミリ

奄美地方を除く鹿児島県

30ミリ

宮崎県

20ミリ

が予想されています。

 

 30日朝までの24時間に降る雨の量(予想)

長崎県

150ミリ

福岡県、佐賀県、熊本県

120ミリ

大分県と奄美地方を除く鹿児島県

100ミリ

宮崎県

80ミリ

と予想されています。

その後も、あさっての7月1日の朝にかけて雨の量はさらに多くなる見込みと予想されています。

気象台は土砂災害に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水などに注意するよう呼びかけています。

先日の大雨で地盤が緩んでいる可能性があります。 注意してください。

(気象庁予想)

『スポンサーリンク』