宮崎でくらべてみました【いきなりステーキVSステーキ宮】

いきなりステーキとステーキ宮。どちらもおいしいステーキ店ですが、どちらのお店もコンセプトの違うお店ですが、どちらも実際に行って食べてみたので、くらべてみました。宮崎らしさという観点からくらべてみました。

いきなりステーキVSステーキ宮

食べに行くときの選択肢

一人で行くか? 家族で行くか?

いきなりステーキ

いきなりステーキは、一人で、サクッと、ガッツリ肉を食べたい時には良いお店ですね。

宮崎日向店ではソファー席もあるみたいです。 イオン宮崎店では、フードコートなので座って食べられますが、都会では、立ち食いスタイルで有名ですね。

ステーキ宮

ファミリーレストラン風なので、家族で、わいわい行くのに最適です。 実際、お子さん連れに方も多く見られました。

一人でも行けますが、混んでいるときに、ベンチシート席にひとりポツンと食べるのは寂しく、勇気がいるでしょう。

パフォーマンス

いきなりステーキ

オーダーカットシステムを導入している、いきなりステーキは、注文してから、肉をカットしてくれるシステムです。

焼いているとこも見られます。

ステーキ宮

席に着き、メニュー表から食べたいものを選ぶ一般的な注文形式

 

自分の食べる肉を始めに見せてくれるパフォーマンスは、いきなりステーキがおもしろいですね。

肝心なお肉

グラム数とお肉の種類が違うので、単純に比較は出来ませんが、価格では。

いきなりステーキ リブロース(アメリカ牛) 200グラムで¥1,460

比較的、丸い感じのカット方法です。

出典:いきなりステーキ

ステーキ宮 ロースランチ(オージービーフ・USビーフ) 180グラムで¥1,780

こちらは、縦に短く、横に長いの画特徴です。

出典:ステーキ宮

グラムだけで見ると、いきなりステーキがステーキ宮より安い価格で食べられますね。 リブとロースなので、お肉での比較は出来ませんが。。

標準の付け合わせ

いきなりステーキ ガーリック・コーン・タマネギ(ライス、スープは別売り¥350)

この写真はヒレを頼んだ時の写真です。

ステーキ宮 宮ロースランチには ポテト・パスタ・タマネギ+スープバー+ライス付

この写真はロースを頼んだ時の写真です。

まとめ

いきなりステーキとステーキ宮を独自に比較してみました。 お肉の種類が違うので、単純な比較とご了承ください。

肉一本で勝負している、いきなりステーキに対し、ステーキ宮は肉以外を充実させています。

逆に、炭水化物ダイエットをされている方は、肉のみを食べることが出来るので、いきなりステーキが良いですね。

¥1,400~¥1,800の価格帯(お肉の種類は別)ではランチにライス+スープを付けたら、値段的にはほぼ互角なのに、満足感はステーキ宮でした。 なぜか、いきなりステーキが高く感じてしまいます。

ライスとスープのおかわり自由が効いているのかもしれません。

甘口になれている宮崎人な私には、いきなりステーキのソースは少し辛く感じました。(個人的感覚です)

 

最後に

私は、どちらのお店も大好きです。 どちらも味はすごくおいしいです。 人数や用途に合わせて選ぶのをオススメします。

宮崎人として

宮崎には、宮崎牛というおいしいブランドお肉があります。 宮崎牛にUSやオーストラリア牛で競合していくのは、どちらのお店も宮崎では大変でしょう。

宮崎庶民として

宮崎の感覚では、ランチに¥1,500は、非常に高いです。 宮崎の平均所得をリサーチした値段設定をお願いします。

私の意見がいきなりステーキのソースより辛口ですみません。(^_^;)

 

『スポンサーリンク』